電子機器のメンテナンス|AEDを置いておくと誰かを救えるかもしれない

AEDを置いておくと誰かを救えるかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加

電子機器のメンテナンス

スペクトラム

不要なノイズを除去

電子回路に流れる高周波により発生した不要なノイズは、プリント基板やケーブルなどをアンテナとして放出されます。これが携帯電話や無線機にノイズが入ったり、電化製品が誤動作を起こしたりする原因になります。国内でも海外でも、電子機器の放出する高周波に関しては規制があり、承認を受けないと販売できないこともあるため注意が必要です。spectrumanalyzerは高周波の計測が可能で、電子機器の開発に欠かせない測定器になっています。テレビやラジオの受信状態が悪くなったとか、携帯電話の電波が届きにくいとかいう場合にも、spectrumanalyzerで原因を調べることができます。電波を使用する機器のメンテナンスには基本となる装置です。

周波数の分布を計測

オシロスコープは時間経過による周波数の変化を調べる機械です。これに対してspectrumanalyzerは、一時点における周波数の分布を表示するのが特徴です。高周波だけでなく、低周波を測定できるspectrumanalyzerもあり、使用目的によって使い分けられます。spectrumanalyzerは効率の良いアンテナを設置する際にも役立ちます。また変わったところでは、盗聴器や盗撮器の発見にも利用されています。家の内外にはさまざまな電波が飛んでいて、電波が出ているだけでは盗聴器とは決めつけられないため、周波数の分析によって判断します。小型で持ち運びやすいものから大型で高性能なものまで、多彩な製品が用意されています。